今こそ日本製造業の投資先として注目されるタイ

 従来より挙げられているタイ進出の3つの魅力、充実した投資・生活環境、日系企業の存在感、広がる裾野産業、に加え、政府による税制優遇措置や
積極的な投資誘致の姿勢、良好な労使関係など、タイへの進出では多くのメリットが期待できます。
「アジアのデトロイト」とも呼ばれるタイの自動車産業は、その9割を日系企業が占めるなど日系メーカーの独壇場となっており、アマタシティ・チョンブリ工業団地を中心とする60キロ圏内(1時間圏内)に多くの企業が集積しています。


 
 

今後、巨大な内需を抱える市場大国へと成長していく中国、インドへの
アクセスを考えた時、インドシナの物流ハブとしてタイ東岸地域の存在感は
ますます増していきます。

東西回廊が完成し、タイ~ベトナム(北部)、ベトナム(北部)~中国
(香港、深セン)の 陸路物流がより活性化し、部品調達、製品の動きが
多様化することが期待されます。

タイ国内、ASEAN域内への供給基地としての位置付けに加え、中国、インド
という2大国を睨んだ戦略的進出の受け皿として、全世界への輸出基地として、
アマタシティ・チョンブリ工業団地、アマタシティ・ラヨン工業団地は
高品質な投資環境を整えて皆様のご進出をお待ちしております。

また、タイ政府は持続的な成長を目指し「タイランド4.0」を策定しました。
この中核を成すのがEEC(東部経済回廊)政策であり、アマタシティ両工業
団地が位置する地域をバンコクに次ぐ第二経済圏へと押し上げるべく
この地域の重点開発や税制優遇が行われる予定です。

 
 

スワンナプーム国際空港

レムチャバン港
 
 
 アマタシティ・チョンブリ
 
 アマタシティ・ラヨン
 
 1. 立地
 
 1. 立地
   チョンブリ-県 バンコクから東57キロ
 
   ラヨン県 バンコクから南東114キロ
   第2の日本人街 シラーチャ市より通勤圏内
   (新空港から99キロ、レムチャバン港から27キロ)
 2. 設立年度
 
 2. 設立年度
   1989年
 
   1995年
 3. 総開発面積
 
 3. 総開発面積
   4,000 ha (25,000ライ) ~更に拡張中~
 
   2,720 ha (17,000ライ) ~更に拡張中~
 5. 賃貸物件
 
 5. 賃貸物件
   貸工場、貸事務所棟(空き物件有り)
 
   貸工場、貸事務所棟(空き物件有り)
 6. 入居企業数 
 
 6. 入居企業数 
   700社以上 (うち日系企業約68%)
 
   280社以上  (うち日系企業約37%)
 7. ご入居企業
 
 7. ご入居企業
   株式会社小松製作所殿、株式会社ブリヂストン殿、
   旭硝子株式会社殿、花王株式会社殿、、
   デンソー株式会社殿、ダイキン工業株式会社殿 等
 
   住友ゴム工業株式会社殿、横浜ゴム株式会社殿、
   ダイキン工業株式会社殿、BMW殿 等
 8. 団地内施設
 
 8. 団地内施設
   物流センター、教育施設、銀行、
   各国料理店(日本、ドイツ、タイ)、マンション、
   病院、旅行会社、託児所、ゴルフ場 等
 
   物流センター、教育施設、銀行、
   各国料理店(日本、イタリア、タイ)、マンション、
   クリニック、共用スポーツ施設 等
 
THILAWA